熊本の古民家再生・リフォーム会社つむぐ

古民家再生 熊本

古民家専門誌で知る熊本の古民家

じゃぱとら

自分が住んでいる地域に
古民家がどれくらいあるか
ご存じですか?

古民家に興味のある人なら
“あの地域にはこんな古民家がある”
と詳しいかもしれませんが

あまり知らない人にとっては
“近所に古い家がある”
という認識かもしれません。

でも、探してみると意外にも古民家は
たくさんあるものなんです。

古民家専門誌じゃぱとらには
地域の古民家情報が満載です!

古民家専門誌じゃぱとら

じゃぱとら

じゃぱとらは
一般社団法人全国古民家再生協会が発行する
古民家に特化した専門誌。

「古民家と創る地域の未来」をテーマに
古民家の保存、再生、活用について
幅広い観点から成るコンテンツで
紹介・解説している古民家好きには
たまらない雑誌です。

古民家鑑定士おススメの
全国の古民家物件情報も豊富。

じゃぱとら

古民家再生の現場や
実際に古民家住んでいる人の
生の声なども紹介しているので
古民家の暮らしもよく分かります。

また、古民家の活用のノウハウなど
なかなか知り得ないコンテンツもあるので
これから古民家に住みたい!
と思っている人には
非常に役立つ1冊となるでしょう。

(じゃぱとらについては
こちらから!)

地震にも耐えた熊本の古民家

熊本市

じゃぱとら2020年5月号の特集は
熊本の古民家でした。

九州のヘソとも呼ばれ
福岡についで人口が多い熊本は
近年、繁華街や駅周辺の開発が進み
都会化の目立つ地域ですが
古民家も多く現存しています。

忘れてはならないのは
2016年に起こった熊本地震。

400年の歴史のある熊本城も
甚大な被害を受けました。
難攻不落ともいわれていた
堅牢な石垣も崩れてしまったのです。

熊本城石垣

今なお復興途中にある熊本城ですが
城下町には、昔懐かしい情緒あふれる
古民家が点在する街並みがあります。

それらの古民家も被災しましたが
地域住民の想いが一つになり
復興への取り組みが盛んに。

熊本城復興

世界的に有名な作家、村上春樹が
地震後の復興イベントを開催した
築143年の木造建築や

酒店や喫茶店、自然食品店など
店舗として活用された古民家が多数現存。

今では県民に愛される
人気のスポットとなっているのです。

熊本の古民家が創り出す未来

細川刑部邸宅

地震に耐え、地元住民の協力もあり
見事に復興した熊本の古民家。

古民家再生は、古民家そのものを
再築することだけが目的ではありません。

今にはない伝統工法で作られた古民家は
そこから生まれた和室の文化や芸術
さらには古民家をとりまく
周囲の歴史までもが、刻まれています。

古民家

古民家を保存するだけでなく
活用し、次世代に継ぐことは
その歴史や文化を守り、伝えるということ。

地震後によみがえった熊本の古民家には
そのような意義と役割が
しっかりと込められているような気がします。

熊本を拠点に活動している
当サイトつむぐはこれからも
熊本の歴史が遺した古民家の伝統を守り
次世代に継ぐお手伝いを
してゆきたいと思っています。

BLOGブログ

会社概要

   

熊本の古民家再生・リフォーム会社つむぐ

熊本県熊本市北区弓削5-14-28
   

電話:096-321-6060

受付時間:9:00〜20:00

日・祝休み


【対応地域(熊本県内,主に熊本市周辺)】

熊本市・合志市・菊池市・菊陽町・大津町

御船町・嘉島町・益城町

※商圏高速使用で30分以内のエリア(要相談)