熊本の古民家再生・リフォーム会社つむぐ

古民家再生 熊本

古民家をリフォームする際に注意すべきポイントとは?

梁

古民家に住みたい!

そう思って古民家を探しても
とても住める状態ではない…

あらゆる箇所が傷んでいたり
設備も古くて使い物にならないなど
修繕・リフォームが必要な古民家は
たくさんあります。

そのため、自分のライフスタイルに合わせ
間取りを変えたり
好みのインテリアにしたりし
理想の空間を作り出して古民家に住んでいる
という人が増えています。

でも、古民家のリフォームといっても
現代の住宅とは違い
大がかりな工事が必要になることも。

古民家のリフォームにおいて
注意したいポイントをまとめました。

古民家のリフォームには種類がある

梁

古民家のリフォームは
古民家の状態に合わせて
以下に分けられます。

【①設備や床、壁などの補修】
柱や梁などは改修せず
水回りの入れ替えや床、壁の補修を
メインに行います。
古民家に限らず、広く一般的に行われている
リフォームです。

【②半解体リフォーム】
柱と梁のズレなどを補修し
建物全体の傾きやひずみを直します。

和室

【③全解体リフォーム】
古民家を一度解体し建材を取り替えたり
強度が落ちている部位も
新しい建材で補強したりし再生します。

【④移築リフォーム】
古民家を解体し
希望の場所で移築再生します。
大移動をともなうリフォームです。
文化財としての保存を目的にした古民家に
多く見られます。

古民家をリフォームする際に注意したいポイント

梁

古民家のリフォームは
古民家の状態に応じて
必要な工事が異なります。

まずは古民家の現状について
知る必要がありますので
古民家鑑定士に相談してみましょう。

古民家のリフォームにおいて
注意したい大まかなポイントを
いかにまとめてみました。

【①虫食いによる被害】
長年放置されている古民家は
白アリなどに建材が
食い荒らされていることも。
こうなると新たに
基礎から作り直さなければなりません。

シロアリ被害

【②屋根の吹き替え】
古民家のリフォームでは
屋根の吹き替え工事を行うことが多いので
雨漏りなどのチェックが
必要となるでしょう。

【③断熱性や耐震性はあるか】
多くの古民家には
断熱材が入っていません。
気密性もあまりないので
冬はとても寒くなります。
また、現代の住宅に備えられている
耐震性もありませんので
導入するか検討しましょう。

断熱材

【④業者選び】
古民家は、現代の住宅とは
まるっきり違う工法で作られています。
したがって、古民家の工法に精通している
実績の豊富な業者を選ぶのがポイントです。

【⑤予算】
工事内容によっては大がかりになり
大幅に予算オーバーすることも。
新築よりも安い古民家ですが
返って新築よりも高くつくことも。

古民家のリフォームで一番力を入れたいところは?

古民家

古民家をリフォームするにあたり
どこを重点的にリフォームしたいか
というとある調査で最も多かったのは
「水回り」です。

お風呂やトイレ、キッチンなど
生活用水を使う場所は
やはり衛生面が気になるという人が多く
設備自体も古いものが多いので
取り替えたいという声が多数です。

次に多いのは、間取りです。

古民家の間取りは田の字型といって
漢字の田のような間取りです。

部屋と部屋が隣り合っているので
今の生活には少々合わないのです。

続いて多かったのは、床と壁。

古民家

床は畳、壁は土壁といった古民家も多く
劣化や損傷が激しいものも。
フローリングにしたり
断熱材や耐震性を入れた壁に
リフォームする人が多いのです。

古民家の魅力を自分の生活にも取り入れ
落ち着いた和の空間で癒されたい。

リフォーム

古民家の暮らしに憧れ
理想の住まいを実現するべく
古民家をリフォームする人が増えていますが
予想外の落とし穴にハマることもあります。

古民家をリフォームする際は
古民家の立地(周辺環境)、耐久性
設備、予算など総合的に判断し
慎重に進めてゆきましょう。

BLOGブログ

会社概要

   

熊本の古民家再生・リフォーム会社つむぐ

熊本県熊本市北区弓削5-14-28
   

電話:096-321-6060

受付時間:9:00〜20:00

日・祝休み


【対応地域(熊本県内,主に熊本市周辺)】

熊本市・合志市・菊池市・菊陽町・大津町

御船町・嘉島町・益城町

※商圏高速使用で30分以内のエリア(要相談)