熊本の古民家再生・リフォーム会社つむぐ

古民家再生 熊本

古民家とはそもそもどんな家をいう?築年数や工法で決められた定義とは

水車

茅葺の屋根に水車が回り
土間には釜戸、居間には囲炉裏。
奥には仏間と床の間があって
ワビサビのきいた粋のある空間…

古民家ときくと
まるで“日本昔話”に出てきそうな家を
想像しますよね。

確かに古民家には“古くて風情がある家”
というイメージを抱きます。

でも、住んでいた当時の人からすれば
古民家という名前ではなく
住居としての機能性を備えた家。

古民家とは
現代の物差しで測って付けられた
名称なのです。

古民家の中には
当時の暮らぶりが如実に伝わるとして
文化財としても保存されている
古民家もありますが

適切なメンテナンスや補強工事をすれば
今でも居住できる古民家は
たくさんあるのです。

古民家の定義

古民家

どんな家を古民家というか。

一般的には
築年数50年以上の家をいいます。

50年以上前というと
1970年以前に建てられた家ですね。

西暦にすると、意外とそんなに古くないな
と思われる方もいらっしゃるでしょう。

おじいちゃんの家も古民家に該当する!
という人も多いのではないでしょうか。

和室

一般社団法人全国古民家再生協会が
定義している古民家とは以下です。

“昭和25年の建築基準法の制定時に既に建てられていた「伝統的建造物の住宅」すなわち伝統構法とする”

つまり、現代の工法ではない家
木造軸組工法などで
建てられている家のことなのです。
(一般社団法人全国古民家再生協会HPはこちら)

古民家はあと何年もつ?

路地裏

長い歴史を歩んできた古民家。

建てられた当初は、屋根や壁
畳や障子も真新しくきれいな状態でも
時間が経てば傷んできます。

それでも
まだ住める状態で残っている古民家は
多いもの。

現在の住宅の寿命が
30~40年といわれていますが
古民家は100年以上も建つといわれています。

古民家の多くは
天然の木材を建材として使用していますが

木材は、切りたてよりも
時間が経つほど丈夫になるといわれており

切ってから100年経ったものが
一番強度が高いといわれています。

木

つまり古民家は、現代の住宅とは違い
頑丈な建材でできているのです。

現存している古民家の中には
大地震でも倒れなかったものもあり
このことからも、古い家は脆いという
イメージを払拭しています。

法隆寺

世界最古の木造建築、
法隆寺に使われている建材のヒノキ。

表面を削ると今でも
ヒノキの芳醇な香りがするといいます。

木は生きているんですね。

日本で一番古い古民家

土蔵

日本で一番古いとされる古民家は
兵庫県神戸市にある“箱木家住宅”です。

この古民家は、室町時代に建てられた主屋
江戸時代に建てられた離れの2棟から成り
国の重要文化財に指定されています。
(画像の土蔵はイメージです)

ほかにも、納屋や土蔵もあり
当時の庶民の生活を知ることができる
大変貴重な古民家として知られています。

熊本県和水町(なごみまち)には
“肥後民家村”という古民家博物館もあります。

肥後民家村

全国に現存していた7棟の古民家を
移築再現したテーマパークです。

実際に古民家の中を見学できるほか
宿泊体験も開いており
昔の暮らしを肌で感じることができます。

(肥後民家村についてはこちらから)

BLOGブログ

会社概要

   

熊本の古民家再生・リフォーム会社つむぐ

熊本県熊本市北区弓削5-14-28
   

電話:096-321-6060

受付時間:9:00〜20:00

日・祝休み


【対応地域(熊本県内,主に熊本市周辺)】

熊本市・合志市・菊池市・菊陽町・大津町

御船町・嘉島町・益城町

※商圏高速使用で30分以内のエリア(要相談)