熊本の古民家再生・リフォーム会社つむぐ

古民家再生 熊本

リフォーム後にシックハウス症候群を発症。自然素材を使ったのになぜ?

シックハウス

断熱性に優れ、気密性が高い今の家。

住宅における気密とは
“隙間がない家”のこと。

室温や湿度が安定するので
夏は涼しく、冬は暖かく
年中快適に過ごせます。

外部から入り込む花粉や砂
そのほかの有害物質なども
気密性が高い家はシャットアウト。

“気密性の高い家は快適というだけでなく
住む人の健康も守る体に優しい家”
と思いますよね。

でも、そうとは限らないんです。

シックハウス症候群とは?

シックハウス

建材や家具、日用品から発生する
化学物質やカビ、ダニなどによって
健康を害することを
シックハウス症候群といいます。

医学的に認められている疾患ではなく
居住からくるさまざまな健康被害を総称して
そう呼ばれています。

主な症状は、咳や喉の痛み、頭痛
目のかゆみ、かすみ、鼻水など
風邪の初期症状に似ています。

リフォーム

人によっては、皮膚のかゆみやかぶれ
めまい、吐き気、嘔吐、倦怠感なども
感じる人もいて

“風邪をこじらせた”
“体調不良が続いているが
原因がわからない”

など、最初はシックハウス症候群に
かかっている自覚がない場合がほとんど。

よって、病院に行っても
はっきりした原因を特定できないことが
多いのです。

自然素材を使ってリフォームしたのになぜシックハウス症候群に?

シックハウス

これからの健康のことを考え
建材は自然素材のものを使い
気密性も高めたリフォームをしたはずが
シックハウス症候群になった
というケースがあります。

原因は、建材に使われている合板。
板と板を張り合わせている接着剤に
ホルムアルデヒドなどの有害物質が
含まれていたのです。

建材だけではありません。
洗面台にも含まれていました。

シックハウス

洗面化粧台はMDFという木くずを
接着剤で固めた板でよく作られていますが
これがかなりの量の
有害物質を含んでいるのです。

 

これに加え、気密性も高いとなると
有害物質が充満した部屋に
缶詰状態でいることと同じです。

健康のためのリフォームが
逆に健康を害してしまえば本末転倒、
またリフォームをし直せば
さらに費用がかさんでしまいます。

シックハウス症候群にならないためのリフォーム

説明する男性

今は、多くのメーカーが
シックハウス対策がされた商材を
扱っています。

リフォームする前に業者とよく話し合い
シックハウス対策に応じた建材や
接着剤などについて
理解を深めておくことが大切です。

工事を行う際も
以下のような注意が必要です。

・工事中の空気が
居住空間に入らないようにする。
・現場での塗装や接着作業を減らす
・工事している部屋はこまめに換気する。
・リフォーム終了後は十分な換気と
通風を行い、居住まで期間を置く。

換気

シックハウス対策に関する取り組みは
国も行っています。

・建築基準法による対策
・住宅性能表示制度
・建築物衛生法による対策
・有害物質の等級制度
・室内環境配慮マーク

小さなお子様や高齢の家族
ペットを飼っている家庭は特に
気を付けたいもの。

眠る赤ちゃん

リフォームする際は業者と十分に話し合い
アフターフォローや保証についても
細かく確認してきましょう。

BLOGブログ

会社概要

   

熊本の古民家再生・リフォーム会社つむぐ

熊本県熊本市北区弓削5-14-28
   

電話:096-321-6060

受付時間:9:00〜20:00

日・祝休み


【対応地域(熊本県内,主に熊本市周辺)】

熊本市・合志市・菊池市・菊陽町・大津町

御船町・嘉島町・益城町

※商圏高速使用で30分以内のエリア(要相談)