熊本の古民家再生・リフォーム会社つむぐ

古民家再生 熊本

なぜ日本の住宅は欧米諸国に比べて寿命が短いのか

空き家

今住んでいる家
あと何年くらい住めるのでしょうか。

家は常に風雨にさらされています。
当然時間が経つと劣化が進み
いろいろなところが傷んできます。

定期的な点検やメンテナンスをすれば
住み心地は維持できますが
それでも形あるもの
いつかは失われるでしょう。

家族の思い出が
たくさん詰まったこの家で人生を全うし
残った家は資産として
子どもたちに引き継げたら・・・

と思っていても
実際のところもしかしたら
自分よりも家のほうが先に
天寿を全うしてしまうかもしれません。

日本の住宅の寿命が短い理由

各国の住宅平均寿命

国交省が発表しているデータによると
日本の住宅の平均寿命は
だいたい30年ほどといわれています。

若い頃に建て
住宅ローンを払い終わったころには
家の寿命が尽きているということに。

老後の大切な資産となるはずが
家としての価値が失われているとなると
後世に継ぐこともできません。

なぜ、日本の住宅は寿命が短いのでしょうか。

新築を選ぶ理由

【理由①新築志向】

耐震性や品質、使い勝手の良さ
などの観点から、中古住宅よりも
新築のほうが良いという理由が多数です。

生活スタイルや好みに応じて
外観や間取り、デザインなど
一から自由に設計できるのも
新築ならではの魅力です。

家の設計

【理由②時代の変化に応じて更新される】

時代の流れとともに変化する生活様式に伴い
家の間取りや広さ、デザインにも
流行性が見られてきました。

これまでの生活様式に合わない家は
取り壊され、その時代のニーズに合った
住宅の新築が多くなってきたのです。

昔の家のドアノブ

【理由③修繕・リフォームする習慣が根付いていない】

新築志向が強いので、古くなっても
修繕・リフォームをして
長く住める家に生まれ変わらせる
といった価値観がそもそもないことも
一因として挙げられます。

日本とは異なる欧米諸国の住宅の価値観

リフォーム国際比較

欧米諸国の家に対する価値観は
日本とは全く異なっています。

まず、住宅は使い捨てるものではなく
定期的に修繕・リフォームし
長く住むことが前提にあります。

先の表をご覧の通り
欧米諸国の住宅の寿命は
日本よりも圧倒的に長いのが特徴です。

そのため、日本の中古住宅市場に比べ
欧米諸国の中古住宅市場の取引は
盛んなのです。

世界の田舎の家

日本において
1950年以前に建てられた住宅は5%以下
1981年以降に建てられた住宅は約60%です。

一方、イギリスにおいては
1650年以前に建てられた住宅は40%以上と
何世代にもわたって
利活用されているのです。

実際、イギリスでは
1960年代に建てられた家が最も人気で
購入する人が多いのだとか。

日本の住宅市場今後の課題

昔の家の蛇口

日本では今
「空き家」が急増しています。

しかし「空き家」は廃墟ではありません。

適切にメンテナンスし
修繕・リフォームすれば
家としての価値は十分に維持できる家です。

したがって
“まだ人が住めるのに機能していない
もったいない家”なのです。

あと5年もすれば
日本の住宅の3軒に1軒が空き家になる
ともいわれているので

国は、良質なストック型の住宅市場の
活性化を目指しています。

長期優良住宅の流れ

長期優良住宅の認定や
住宅金融の拡充
住宅にかかる税金の優遇制度など

住宅を長持ちさせるための対策を
講じているのです。

住宅を長持ちさせることは
地球環境への配慮にもつながります。

家

大量生産、大量消費の時代から
住宅も長く価値ある存在へ。

時代が移り変わっても
何世代にわたって継がれる家で
ありたいものですね。

BLOGブログ

会社概要

   

熊本の古民家再生・リフォーム会社つむぐ

熊本県熊本市北区弓削5-14-28
   

電話:096-321-6060

受付時間:9:00〜20:00

日・祝休み


【対応地域(熊本県内,主に熊本市周辺)】

熊本市・合志市・菊池市・菊陽町・大津町

御船町・嘉島町・益城町

※商圏高速使用で30分以内のエリア(要相談)