熊本の古民家再生・リフォーム会社つむぐ

古民家再生 熊本

瓦の特性はメリットだらけ!古き良き日本の伝統工法を家屋にも

瓦

日本家屋の伝統的な屋根材、瓦。

瓦が日本に伝わったのは
6世紀の飛鳥時代といわれています。

でもその頃の瓦は
神社や寺、城や御所などにしか
使われませんでした。

一般的な家屋にも使われるようになったのは
江戸時代後期からと意外と最近のこと。

近年では住宅の洋式化が進み
瓦屋根の家は“古くさい”
といったイメージもありますが

じつは瓦には
意外な効果があるんです。

瓦の奥深い歴史

瓦

所説ありますが、瓦は
紀元前800年~900年の中国において
屋根材に使われていたとされています。

日本には588年頃(飛鳥時代)
朝鮮半島から4人の職人たちによって
仏教とともに伝えられたとされています。

ちなみに日本最古の瓦は
奈良県の元興寺のものとされています。

この頃の瓦は
主に公的な建物にしか使われず

庶民の家屋に瓦が普及したのは
江戸時代後期からです。

瓦

当時江戸の町では
頻繁に火災が起こっていました。

これを防ぐために
耐火性に優れた瓦を使用することに。

これ以後屋根材としての瓦が普及したと
いわれています。

瓦の製法と産地

瓦

瓦は何できているかというと“土”です。
瓦は粘土を練って瓦の形にしたものを
焼いて作られます。

その製法は大きく3つに分かれており

釉薬を塗って
陶器のように焼いたものは「釉薬瓦」
何も塗らずに焼いたものは「素焼き」
素焼き後にいぶして銀色の膜をつけたものを
「いぶし」

瓦の素材は土ですが
その土地の土の性質や釉薬によって
瓦の性能は異なっています。

瓦

日本には各地に瓦の産地がありますが
主流となっている瓦は3つ。

質感、機能性ともにバランスのとれた
愛知県の「三州瓦」

きめ細かい質感と滑らかな色の
兵庫県の「淡路瓦」

耐久性に優れた島根県の「石州瓦」です。

瓦屋根のメリット

瓦

奥深い歴史と有名な産地のある瓦。
魅力はそれだけではありません。

瓦には、素材の特性を生かした
屋根材としてのメリットも
たくさんあります。

【①メンテナンス費用を抑えられる】
耐久性に優れているので劣化の進みが遅く
しかも部分での処置ができるので
大規模な工事の必要もありません。

【②飛び火を防ぐ】
瓦1枚には、約3㎏の粘土が使われています。
これは建築基準法でも「不燃材料」とされ
燃える心配がありません。

屋根調査

【③寒さに強い】
耐寒性を図る実験でも立証されているように
寒さに強いのも特徴です。
厳寒でもひび割れは剥離もありません。

【④暑さにも強い】
瓦の素材である土
そして瓦を設置する野地板の間に
通気層ができるので
断熱・遮熱性に優れています。

【⑤防音にも優れている】
瓦は厚さ2㎝の土を焼いているので
防音効果もあります。
特に雨音の吸音性に優れており
激しい雨でも、瓦が雨音も一緒に
受け止め吸収してくれます。

屋根リフォーム

瓦の魅力、いかがでしたか?

地震大国ともいわれている日本。
瓦屋根の家屋は
地震の揺れで瓦が落ちやすくなります。

地震後の様子

しかし、瓦が落ちることで
家屋が天井から崩壊するのを
防いでいるともいわれているのです。
これは先人たちの知恵といえるでしょう。

日本の素材からできたものは
日本の気候や風土、環境に
合っているんですね。

BLOGブログ

会社概要

   

熊本の古民家再生・リフォーム会社つむぐ

熊本県熊本市北区弓削5-14-28
   

電話:096-321-6060

受付時間:9:00〜20:00

日・祝休み


【対応地域(熊本県内,主に熊本市周辺)】

熊本市・合志市・菊池市・菊陽町・大津町

御船町・嘉島町・益城町

※商圏高速使用で30分以内のエリア(要相談)