熊本の古民家再生・リフォーム会社つむぐ

古民家再生 熊本

外壁の塗り替え。耐久度と金額どちらで選ぶべき?

外壁塗装

家の外壁は、常に雨や風
ときには雪や雷にさらされているので
劣化が顕著に出やすいところ。

この劣化を防ぐため
ほとんどの外壁には塗装がされています。

外壁をコーティングすることで
外壁の耐久性を保つ役割がある塗装には
いくつか種類があります。

性能、費用、耐久度など
塗料によってそれぞれ特徴が異なるので

塗り替えるときは
用途に応じて選ぶとよいでしょう。

塗料の種類

外壁塗装

外壁を塗り替えたい。
さてどんな塗料を選ぼうか。

特に初めて外壁を塗り替えると
いう人の中には

そもそも今住んでいる家の外壁には
どんな塗料が塗られているか知らない
という人もいるのではないでしょうか。

外壁塗装に使われる塗料には
主に以下の4つの種類があります。

・アクリル系
・ウレタン系
・シリコン系
・フッ素系

これ以外にも最近は
「セラミック系」もあります。

外壁塗装

上に挙げた塗料は
それぞれ成分が異なっています。

そのために何が一番変わるかというと
耐久年数です。

当然ながら、耐久年数が一番長いものほど
価格は高くなります。

耐久性で選ぶなら?

外壁塗装

「何度も塗り替えるのは面倒だから
とにかく長く持つものが良い」
という人には
シリコン系やフッ素系がおススメです。

シリコン系の塗料は
シリコン樹脂をベースにした塗料です。

耐久年数は10年~15年と長く
また撥水性に優れているので
家の外観を長い間美しく保ちます。

塗装していない屋根

フッ素系の塗料の耐久年数は12年~15年と
4つの塗料の中でも一番長いので
値段は高いですが
耐熱性にも優れているので
屋根の塗装にも向いています。

費用面で選ぶなら?

外壁塗装

費用を抑えたい人には
アクリル系とウレタン系がおススメです。

アクリル系は、耐久年数は短いですが
費用が最も手ごろです。

「定期的に家の外観のイメージを変えたい」
という人にとってアクリル系の
費用面と耐久年数のバランスは
ちょうど良いでしょう。

ただ、アクリル系は塗膜が固いため
ひび割れが生じやすく
すぐに剥がれてしまうことがあります。

外壁塗装剥がれ

アクリル系よりも外壁塗装に向いているのは
ウレタン系です。

弾力性に優れ、耐久年数も8年~10年と
適度に長いため、コスパも良いでしょう。

塗装面の材質を選ばないのも
優れた特徴の一つです。

塗料選びに迷ったら
耐久年数、費用面ともに
コスパバランスが良く
壁材も選ばない
ウレタン系を選ぶと良いでしょう。

選ぶときは地域性など環境面も重視!

外壁塗装

以上が塗料の特性です。

「うちの外壁にはコレを塗りたい!」
という塗料が見つかりましたでしょうか?

一般的な家の
外壁塗装を塗り替えるタイミングは
およそ10年~15年とされています。

塗装の剥がれを放置しておくと
剥がれたところから雨水が入り込んで
外壁自体の劣化が進みます。

外壁塗装

(外壁塗装の詳細はこちらの記事でも!)

家の美観を保つためにも
外壁塗装は重要な作業です。
金額も決しては安くはありません。

さらに外壁塗装は
住んでいる地域によっても
劣化の進行具合が変わります。

外壁塗装の剥がれ

湿潤な地域、乾燥しやすい地域など
環境によっても耐久年数は変わるので
自分の住んでいる地域の気候なども考慮し
選ぶと良ぶのがポイントです。

BLOGブログ

会社概要

   

熊本の古民家再生・リフォーム会社つむぐ

熊本県熊本市北区弓削5-14-28
   

電話:096-321-6060

受付時間:9:00〜20:00

日・祝休み


【対応地域(熊本県内,主に熊本市周辺)】

熊本市・合志市・菊池市・菊陽町・大津町

御船町・嘉島町・益城町

※商圏高速使用で30分以内のエリア(要相談)