熊本の古民家再生・リフォーム会社つむぐ

古民家再生 熊本

今国民は、住宅の何に不満があって、どこをリフォームしたいのか?

家

10月も半ばを過ぎ
だいぶ涼しくなりましたね。

過ごしやすい秋は
リフォームするのにも最適な季節。

快適で安全な家作りは
家族みんなの健康を守る
とても大切な

リフォーム代がおトクになる
各種支援制度もあります。

この季節を機に
リフォームを検討してみてはいかがしょう。

住宅の個別要素に対する不満率は?

アンケート

平成30年に国土交通省が行なった
「住生活総合調査」によると

住宅の個別要素に対する不満率で
圧倒的に多いのが
「高齢者への配慮」で

次いで「地震時の安全性」
「遮音性」「台風時の安全性」
の順でした。

階段

これは、高齢化社会と言われる昨今でも
未だ高齢者のより良い生活に応じた
住環境ではないということを
示しています。

また、東日本大震災や熊本地震など
未曾有の地震を経験したことから

耐震性についても不安を抱えている人が
多いといえるでしょう。

今後5年以内のリフォームの工事内容

アンケート

同じく、国土交通省の
「住生活総合調査」において

今後5年以内に
リフォームを検討している世帯の
工事内容では

「外装・内装の更新・改善」と
「設備の更新・改善」が最も多く

「段差の解消・手すりの設置」
「窓・壁などの断熱・結露防止」
が続きます。

手すり

「段差の解消・手すりの設置」など
加齢にともない
住環境を変えたいという人が多いのも
高齢化が進んでいることを表しています。

私たちの暮らしを守る家は
長い年月の間、風雨や紫外線に
晒されます。

どんなに立派で頑丈な家でも
劣化は免れません。

外装工事

外装は10年~15年のスパンで
塗り替えが必要とされていますし

床下や壁の内側は
シロアリ被害など虫やカビの
温床となっているかもしれません。

快適で安全な暮らしを守るために
定期的なメンテナンスが必要です。

各種支援制度でおトクにリフォーム!

補助金

「リフォームはしたいが
経済的余裕がない…」

そんな人でもおトクに活用できるのが
減税や補助金などの優遇制度です。

これは、家をリフォームする際
一定の要件を満たすと金利負担を軽減できる
「住宅ローン減税」や

耐震や省エネなどの改修で
固定資産税が減額される制度です。

(制度について詳しくはこちらから!)

補助金

“衣食住”のうち
“住”は、規模も大きく
決して安いものではありません。

住環境の変化は
人生をも大きく左右することがあります。

したがってこれらの制度は
私たちの暮らしを守る
強い味方といえるでしょう。

特に、初めてリフォームをする人は
これらの制度について
知らなかった
という人が多いのではないでしょうか。

内装工事

これらの制度は、自ら申請しないと
利用できません。

該当する人は
詳しく情報収集をし
機嫌や要件などを確認して
上手に活用しましょう!

BLOGブログ

会社概要

   

熊本の古民家再生・リフォーム会社つむぐ

熊本県熊本市北区弓削5-14-28
   

電話:096-321-6060

受付時間:9:00〜20:00

日・祝休み


【対応地域(熊本県内,主に熊本市周辺)】

熊本市・合志市・菊池市・菊陽町・大津町

御船町・嘉島町・益城町

※商圏高速使用で30分以内のエリア(要相談)