熊本の古民家再生・リフォーム会社つむぐ

古民家再生 熊本

外壁塗装のベストなタイミングとは?こんな兆候が出てきたら要注意!

外壁塗装

当然ながら家は、年月が経つと
いろいろな箇所が劣化します。

特に、外壁や屋根は
常に風雨に晒されているので
一番劣化が進む箇所だといえます。

“建てたときに比べると色褪せてきた“”
“塗装が剥がれてきた”
“手で触ると白い粉が付く”

こんな兆候は
外壁を塗り替えるサインです。

なぜ外壁塗装は重要なのか

壁のひび割れ

新築、購入依頼20数年と経っているが
一度も外壁を塗り替えていない
という人は結構多いものです。

実際、塗り替えるタイミングを判断するのは
人それぞれですから

見栄えが悪くてもそこまで気にしてないから
塗り替えも考えていない
という人もいることでしょう。

でも、外壁塗装は家の寿命を長くします。
快適な暮らしを維持するのには
必要不可欠なのです。

壁のひび割れ

一般的に、外壁を塗り替えるタイミングは
だいたい10年~15年ほどとされています。

意外にも早いスパンだと思いますよね。

これには日本の気候が
関係しているからなんです。

日本には四季があるので
寒暖の差が大きい傾向にあり
一年を通じて温暖です。

近年では記録的な豪雨や雪
台風も頻繁に発生しているので

これら気温、天気などの影響により
外壁にかかる負担がとても大きいのです。

見た目で分かる!外壁塗装のタイミング

では、具体的に
どのような兆候が現れたら
塗り替えを検討するべきなのでしょうか。

①手で触ると白い粉がつく

チョーキング

「チョーキング」と呼ばれる現象で
外壁の劣化レベルでいうと、中期段階です。

長期間、風雨や紫外線を浴びたために
塗膜の表面が劣化して起こります。

チョーキングが見られる場合は
そろそろ塗り替えの時期と考えましょう。

②塗膜の剥がれ、ひび割れ

外壁塗装の剥がれ

劣化レベルは非常に高い状況です。

ヒビや剥がれ部分から
塗膜と外壁の隙間ができ
そこから雨が入り込むため
症状は急速に進行します。

早めに塗り替えましょう!

合わせて行いたい外壁自体、窓などの補修

窓の修理

最近の塗料の性能は、一昔前に比べると
格段に向上しています。

しかし、永遠に耐久性を保つ
というわけではありません。

住む地域や気候にもよりますが
風雨や紫外線に長期間さらされるうちに
耐熱性や防水性は低下し、塗膜がはがれ

雨漏りや外壁自体のひび割れを
引き起こします。

リフォーム

耐久性を維持し
家の寿命を長くするためにも
定期的な外壁塗装が必要です。

また、外壁塗装を検討する際は
外壁自体の修繕や窓のサッシ周りに使われる
シーリング材などの補修も
同時に行うと良いでしょう。

窓修理

こうすることで工事の無駄を省き
家全体の耐久性を上げ、かつ
保つことができるからです。

当社では、火災保険を活用し
実質0円でリフォームを提供してきた
数多くの実績があります。

外壁工事

家計に負担をかけず
外壁塗装をはじめ
その他家の修繕・リフォームをしたいが
手持ちのお金が足りるか不安…

このような悩みから
修繕・リフォームを諦めていては
家の寿命が縮むばかりです。

家の相談

当社では、毎金曜に
リフォームに関する無料相談会を
実施しています。

先のような悩みを抱えている方は
是非、お越しくださいませ。

(相談会の詳細はこちらから!)

 

BLOGブログ

会社概要

   

熊本の古民家再生・リフォーム会社つむぐ

熊本県熊本市北区弓削5-14-28
   

電話:096-321-6060

受付時間:9:00〜20:00

日・祝休み


【対応地域(熊本県内,主に熊本市周辺)】

熊本市・合志市・菊池市・菊陽町・大津町

御船町・嘉島町・益城町

※商圏高速使用で30分以内のエリア(要相談)