熊本の古民家再生・リフォーム会社つむぐ

古民家再生 熊本

雨漏りを放置するとどうなる?早めの対処で家の資産価値を守ろう!

雨漏り

“天井にシミができている…”
“天井から水がポタポタ垂れている…!”

このような経験ありますか?
戸建てに多い、雨漏りです。

どこから漏れているのか気になるし
屋根に登って確かめたいと思いますよね。

でも、うかつに屋根に登るのは
非常に危険!

瓦も踏み方を間違えると
割れてしまう恐れがあります。

雨漏りしたら
まずは専門の業者に相談しましょう。

雨漏りとは屋根がどうなっている状態なの?

瓦

雨漏りで一番多い原因は
屋根の破損です。

屋根には、瓦やストレート材があります。

どちらともズレや割れが
原因にあります。

よくあるのが
台風で瓦が吹き飛ばされたり
ずれたりすることです。

その他、屋根材の経年劣で
雨水が侵入することもあります。

雨漏り修理

屋根が壊れた直後ではなく
時間が経ってから
雨漏りが起こることもあり

このようなときは
屋根材の下敷いてある防水シートや
木材が劣化している

または屋根材そのものが劣化していると
考えられます。

いずれにしても
雨漏りに気付いたら
すぐに対処しましょう!

雨漏りを放置するとどうなるのか

シロアリ

天井に小さなシミが出来たことに気付いたが
まだ水が垂れてきていないし
大丈夫だろう。

そう思って放置すると
二次被害が起こり
手遅れになってしまうかもしれません。

その二次被害とは…

・家全体が腐り、資産価値が下がる
・シロアリが発生し、家を食べられる
・カビが発生し、健康を害する
・漏電につながり火災発生の危険が生じる

などです。

壁と屋根の修繕

自分で応急処置をするのも良いですが
最終的には修理費用が何倍にもかさむ上に
家の価値も下がってしまう恐れがあります。

やはり気づいたらすぐに
専門業者に相談することを
おススメします…!!

雨漏り調査、修繕はナンバーワンの実績を誇る当社へ!

屋根調査

今年は、長梅雨や台風の影響で
雨漏りがしたという依頼が多く

先の台風においても
屋根が破損したという相談が相次ぎ
今夏は調査・修繕で忙しい毎日でした。

当社の実績ナンバーワンは
雨漏り調査と修繕です。

これまでたくさんの屋根を点検し
修繕してきました。

屋根の被害

特に4年前の熊本地震では
多くの家の屋根が被害にあいました。

応急処置として
ブルーシートで屋根を覆う家が非常に多く

震源地近くの地域では
見渡す限りブルーシート
という光景が見られましたね。

雨漏りにはステージ1~4があり
見た目では判断がつかないダメージも
多く見受けられます。

屋根修繕

家の中でも屋根は
雨や紫外線を一番多く浴びる箇所。

従って、家の中でも
最も多くダメージを受けます。

雨漏りは、家が流す“なみだ”。

手遅れになる前に
まずは点検をおススメしています。

BLOGブログ

会社概要

   

熊本の古民家再生・リフォーム会社つむぐ

熊本県熊本市北区弓削5-14-28
   

電話:096-321-6060

受付時間:9:00〜20:00

日・祝休み


【対応地域(熊本県内,主に熊本市周辺)】

熊本市・合志市・菊池市・菊陽町・大津町

御船町・嘉島町・益城町

※商圏高速使用で30分以内のエリア(要相談)