熊本の古民家再生・リフォーム会社つむぐ

古民家再生 熊本

古民家の壁は何で出来ている?素材の特徴は?

土壁

築年数が建って、劣化が進んだ古民家の壁を「古壁」ということがあります。

古壁の中には、表面がボロボロになったり、壁の素材ごと剥がれ落ちたりしたりしているものもありますが、古壁には、現代の住宅とは違う質感が趣があります。

今回は、古民家の壁をリフォームする際に使われる主な壁材について解説します。

古民家リフォームに使われる主な壁材

土壁

【砂壁(聚楽)】

砂壁は、川砂や珪藻土、聚楽(じゅらく)などの材料を混ぜ合わせた壁材です。

川砂の粒が細かいとサラサラした仕上がりになります。聚楽の場合は粒子が大きいため、ザラザラした仕上がりになります。

砂壁は、調湿性・耐火性・有害物質を吸収してくれる性質があります。

【珪藻土】

珪藻土は古民家に限らず、今人気の壁材です。

珪藻土は、植物性プランクトンなどが積もった地層からとれた土。バスマットとしてもよく使われていますね。吸水性と通気性に優れています。

壁材にすると、表面がブツブツした仕上がりになるので、古民家らしい素朴な雰囲気を出すことができます。

【繊維壁】

仕上げ材に繊維状のものを使った塗り壁のことです。

繊維壁には金や銀の繊維が混ざっており、キラキラした仕上がりが特徴です。

かつては和室などでよく使われていましたが、古臭い印象からか、現在では少なくなりました。

土壁

【漆喰】

こちらも古民家のリフォームでよく使われる壁材です。日本では江戸時代以前から使われている壁材で、お城や蔵に使われているおなじみの真っ白い壁材ですね。

漆喰は、石灰岩を焼いて作られます。白くツルツルとした仕上がりになります。

【ビニールクロス】

ポリ塩化ビニール樹脂でできている壁紙で、今日本の住宅で最も使われている壁材です。

和室でビニールクロスが使われている場合は、石膏でできた壁にビニールクロスが貼られて仕上げられています。

古くなった場合は、自分で張り替えることができるほか、塗装や漆喰など、好みに応じてリフォームできます。

土壁のメリットとデメリット

土壁

土壁は、自然由来の素材を混ぜて作った壁材です。

現在の住宅の壁材が「高気密・高断熱」という効果がありますが、土壁にはどんな効果やメリットがあるのでしょうか。

【調湿・調温に優れている】

自然素材が空気を循環するので、湿気を逃し、快適な空間を作ります。

【ホルムアルデヒドの影響がない】

自然素材なので、化学物質による影響を与えません。

【コストが抑えられる】

土壁は施工費用が高くつきますが、その後は大きなメンテナンスを必要しないので、長期的に考えるとコスパは良いといえるでしょう。

【趣のある雰囲気に仕上がる】

土壁は一つ一つ手作業で仕上げてられるので、古民家らしい趣のある雰囲気に仕上がります。

自然素材の土壁には、環境だけでなく人体にも優しい性質があるんですね。でも、デメリットもあります。

土壁

【施工に時間がかかる】

土壁の施工は塗りと乾燥を繰り返して進めるので、工期に時間がかかります。

【時間が経つとヒビが入る】

素材の特性から、時間が経つとどうしてもヒビが入ってしまいます。しかし、部分でも補修が可能です。

古民家リフォームに仕える壁材や特徴、いかがでしたか?意外にもたくさんの種類と性質がありましたね。

古民家の壁をリフォームする際の参考になれば幸いです。

工期や予算、仕上げたい雰囲気など総合的に考慮して、理想の壁リフォームを実現させましょう^^

(執筆者:瀬上)

BLOGブログ

会社概要

   

熊本の古民家再生・リフォーム会社つむぐ

熊本県熊本市北区弓削5-14-28
   

電話:096-321-6060

受付時間:9:00〜20:00

日・祝休み


【対応地域(熊本県内,主に熊本市周辺)】

熊本市・合志市・菊池市・菊陽町・大津町

御船町・嘉島町・益城町

※商圏高速使用で30分以内のエリア(要相談)