熊本の古民家再生・リフォーム会社つむぐ

古民家再生 熊本

床の間は何のためにある?起源とルールについて解説!

床の間

古民家や日本家屋の和室には
壁際に設けられた一段高いスペース
床の間(とこのま)があります。

掛け軸が掛けられたり
生け花が置かれたりして
ちょっとした
ギャラリーのような空間ですよね。

今回は、床の間は何のためにあるのか
意外と知られていないルールなど
ご紹介します。

床の間は何をするためにある?起源は?

床の間

床の間は、お客様を迎える部屋
つまり客間に設けられる空間で
正式名称を「床」といいます。

「床」とは本来、物を置いたり
身分の高い人が座る場所のこと。

よって床の間は、部屋の中でも
特に神聖な空間なんですね。

また、永久を表す「とこしえ」
という意味もあり、家の繁栄を象徴する
縁起の良い空間でもあるのです。

床の間

起源は、さかのぼること室町時代。

当時の邸宅では、客人を招き
歌会や茶会が盛んに開かれていました。

その際、開かれていた部屋の壁に
掛け軸をかけたり床に美術品を置いたりし
鑑賞を嗜む空間を作っていました。
これが始まりだといわれています。

今日のような床の間になったのは
桃山時代から江戸時代初期頃のこと。

しかし起源は
仏壇が変化したものともいわれており
諸説あるようです。

床の間の様式は大きく3つある

床の間

【①寝殿造り】

平安時代に確立した建築様式で
貴族の屋敷に取り入れられました。
主人の寝殿を中心とした構造です。

自然との調和を特徴とし
優美で繊細な雰囲気が漂う様式です。

【②書院造り】

室町時代から江戸時代初頭に確立した
住宅様式です。
書院とは「書斎」のことで
書院を中心とした構造となっています。

開放的な寝殿造りとは対照的に
襖、障子などの間仕切りが使われ
部屋はそれぞれ機能や役割がありました。

上座、下座など身分秩序を明確にする
座敷の席が生まれたのもこの頃です。

【③数寄屋造り】

数寄(すき)とは、和歌や茶の湯を楽しむこと。
つまり数寄屋とは、これらを楽しむために
好みに応じて作られた家のことです。

転じて今では、茶室の造りを取り入れた
住宅様式のことを数寄屋造りといいます。

確立したのは安土桃山時代頃で
質素ながら、洗練された様式が特徴です。

襖や障子などにも意匠が凝らされ
職人の技術が詰まっているところも
見どころの一つです。

床の間のルール

床の間

今ではお客様をもてなすために
設けられている床の間ですが
昔は床の間に装飾を施すことで
自分の威厳を演出していたとも
いわれています。

江戸時代頃は、自分よりも身分の高い
領主などを迎え入れるために
庶民の家にも床の間が作られるように。

和室には、上座と下座がありますが
これは床の間の位置によって決まります。

目上の人や年長の人が座る席、上座は
床の間に一番近い席です。
床の間から遠くなるにつれ下座になります。

なぜ床の間に近いところが上座になったのかというと
室町時代に催された歌会で床の間の前に
歌を評価する宗匠が座っていたことが由来です。

床の間

床の間は見て楽しむ空間です。
掛け軸や生け花、壺などの美術品を
触るのはよくありません。

段の上に座ったり上がったりするのも
マナー違反です。

座り方と鑑賞のルールを守り
静かに嗜み心を落ち着かせてみてください。

 

 

BLOGブログ

会社概要

   

熊本の古民家再生・リフォーム会社つむぐ

熊本県熊本市北区弓削5-14-28
   

電話:096-321-6060

受付時間:9:00〜20:00

日・祝休み


【対応地域(熊本県内,主に熊本市周辺)】

熊本市・合志市・菊池市・菊陽町・大津町

御船町・嘉島町・益城町

※商圏高速使用で30分以内のエリア(要相談)