熊本の古民家再生・リフォーム会社つむぐ

古民家再生 熊本

古民家の梁ってどこの部分?何のためにあるの?柱との違いは?

梁

古民家は、在来工法でできた家屋です。

部材の役割や名称は現代とは異なったものが多いのも在来工法の特徴の一つです。

日本家屋や古民家の部材でよくきく「梁」。“太くて立派”というイメージがありますね。

今回は、梁の役割や特徴について解説します。

よく聞く古民家の梁。柱とどう違う?

梁

まず、柱について解説します。

柱とは、地面に対して垂直方向に立つ部材です。床や壁、屋根など建物全体の重さを支えるので、建築構造上、重要な役割を担う部材といえるでしょう。

柱は場所によって名称が異なります。

・二階以上の建物で、土台から軒下まで貫通している柱は【通し柱】

・階ごとに立てられる柱は【管柱】

・柱と柱の間に付けられ、壁材を固定する下地の役割のある【間柱】

対して梁(はり)とは、地面と水平方向に架けられる部材です。

屋根からかかる荷重を柱に伝える役割があり、柱と同様、家全体を支えています。

梁

梁も場所によって名称が異なり

・柱と柱をつなぐ【大梁】

・大梁と大梁の間にかける梁を【小梁】

・小梁にかけられる梁を【孫梁】

梁と柱の共通点は、家の荷重を支える
相違点は、掛け方が違うということなんですね。

梁はなぜ曲がっているの?

梁

日本家屋や古民家の天井を見上げると、太く立派な梁が架けられているのをよく見ます。

でも梁は柱と違い、曲がったものが多いです。

これはなぜかというと、曲がっていることで荷重の負荷を分散させているからなんですね。

また昔は今のように、木をまっすぐに製材する技術が発達していなかったことも関係しているようです。

曲がった梁も、まっすぐな柱とは違う素朴で自然な趣があるもの。

梁は鑑賞美にもあふれているんですね。

古民家の梁に使われる木の種類は?

梁

家の荷重を支える梁。使われる素材は強度が高く、かつ加工しやすいものが求められます。

近年では、ベイマツという北米原産の木がよく使われています。ベイマツは粘りが強く丈夫で、加工もしやすいので、梁や柱には最適なのです。

国産木材でベイマツに近い木は、カラマツなどがあります。現在は安価な輸入材も広く用いられているようです。

梁

マツ以外では、杉などもあります。杉は梁以外の部分でもよく使われる素材です。マツより柔らかく加工性にも優れ安価なので、国内の流通量は多い木です。

古民家の再生において、梁が再利用されることは多く、家のインテリアとして残すパターンもあります。

モダンな住宅に、どっしりとした梁が一本架けられているのもまた見応えがありますね。

BLOGブログ

会社概要

   

熊本の古民家再生・リフォーム会社つむぐ

熊本県熊本市北区弓削5-14-28
   

電話:096-321-6060

受付時間:9:00〜20:00

日・祝休み


【対応地域(熊本県内,主に熊本市周辺)】

熊本市・合志市・菊池市・菊陽町・大津町

御船町・嘉島町・益城町

※商圏高速使用で30分以内のエリア(要相談)