熊本の古民家再生・リフォーム会社つむぐ

古民家再生 熊本

機能美に優れた室内装飾、欄間(らんま)の魅力とは?

欄間

古民家をはじめ日本家屋の室内は
一見簡素ですが
日本の伝統美が随所に施されています。

床の間には
掛け軸や生け花がしつらわれ
襖には画が描かれていますね。

そして天井を見上げると
欄間(らんま)があります。

欄間(らんま)とは?

欄間

欄間とは
天井と鴨井(かもい)の間に施される
通気や採光のための部材です。

欄間の形態には
壁を抜いたものや
障子を施したもの
ガラスを使ったもの
木板に彫刻を施したものなどさまざま。

欄間

その歴史は深く、原型は
奈良時代にあるといわれています。

1053年に建てられた平等院鳳凰堂にも
その原型が見られていますが
この頃の欄間は採光のための
格子状だったようです。

その後、安土桃山になると
立体的な形となり彩色もされ
貴族の邸宅にも
使われるようになりました。

一般的な住宅に施されるようになったのは
江戸時代頃からといわれています。

欄間の美

欄間

通気や採光を目的としている欄間の特徴は
機能を生かした意匠(デザイン)にあります。

日本建築美の代表例
江戸時代に建てられた桂離宮にも
職人の遊び心が施された欄間があるそう。

伝統の中にも自由な創造を表現する。
これが欄間の魅力といえます。

例えば、彫刻や透かし彫りの木板。

絵柄には、めでたいモチーフである
松竹梅や花鳥風月が施されることが多く
その部屋のテーマも反映しています。

欄間の産地

木彫の道具

日本には、欄間の産地があります。

代表的な産地は
富山県の井波欄間と
大阪府の大阪欄間です。

この2つの欄間は、1975年に
伝統工芸品として
国から認められました。

井波欄間の特徴は、深彫りです。

深彫りすることで立体感が表れ
躍動感のある欄間に仕上がるのです。

大阪欄間の特徴は
木目を生かした彫刻と透かし彫りです。

寺

どちらとも歴史は深く
神社や寺の欄間から
始まったといわれています。

古民家再生にも欄間を取り入れてみよう!

欄間

洋風の住宅には見られない欄間。
日本家屋ならではの
機能美を備えた室内装飾です。

古民家を再生するときも
欄間を取り入れてみると
趣のある部屋になるでしょう。

絵柄も縁起の良いものを選ぶと
一層厳かで
品格のある雰囲気になります。

欄間

そして
日本の職人技が息づく欄間を守り
継ぐことにもつながるでしょう。

古民家再生が
密かなブームとなっている今
欄間の美も注目される日が
来るかもしれませんね。

BLOGブログ

会社概要

   

熊本の古民家再生・リフォーム会社つむぐ

熊本県熊本市北区弓削5-14-28
   

電話:096-321-6060

受付時間:9:00〜20:00

日・祝休み


【対応地域(熊本県内,主に熊本市周辺)】

熊本市・合志市・菊池市・菊陽町・大津町

御船町・嘉島町・益城町

※商圏高速使用で30分以内のエリア(要相談)