熊本の古民家再生・リフォーム会社つむぐ

古民家再生 熊本

古民家の囲炉裏にはどんな役割と効果がある?魅力とともに解説

囲炉裏

現代の住宅ではほとんど
見られなくなった囲炉裏。

現存している古民家でも
囲炉裏がまだ残っているという家は
あまりないでしょう。

今となっては
珍しくなった囲炉裏ですが
そこには意外な役割と
知られざる効果があったんです。

囲炉裏の役割と効果

囲炉裏

四角に切り取った床に灰を入れ
炭や薪を焚いて煮炊きをしたり
暖をとったりする囲炉裏。

主な役割とは

【①調理】
煮物のほか、串刺しにした食材を
灰に立て並べたり
灰の中に埋めて焼くことも。

調理場にはかまどもありますが
北陸地方でかまどが使われたのは
昭和30年ころとされ、それまでは
囲炉裏で調理していました。

【②暖房】
火を使うので、暖を取るためには
有効で欠かせないものでした。
部屋の中央に備えられるので
部屋中が温もるのです。

囲炉裏

【③照明】
電気照明がない時代。囲炉裏は夜の間
部屋を明るく照らす照明にもなりました。

【④乾燥】
囲炉裏の周りに棚を置き
そこに衣類や食料などを置いて
乾燥させていました。

【⑤火種】
囲炉裏の火は絶やされることなく
常に燃え続けていたので
かまどや照明(ろうそく)などの
火種にもなりました。

囲炉裏の現代にはない魅力

囲炉裏

家の中心にあり
さまざまな役割を持っていた囲炉裏。
生活には欠かせないものでした。

生活のためだけではありません。
囲炉裏には現代にはない魅力があります。

【①家族団らんのひととき】
冬場は暖をとるために
囲炉裏の周りには自然と
家族が集まりました。
上座、下座など座る場所も決まっていたので
家族の序列を知る場でもあったのです。

囲炉裏

【火の揺らぎにはリラックス効果がある】
火には、1/fゆらぎの効果があります。
1/fゆらぎとは、光や音、振動に見られる
人の心を落ち着かせるリズムのことで
人が本来持っている体内のリズムと同じです。

火が煌々と燃え上がるのを
ぼんやりと眺めているだけで
心が安らぐ効果があるといわれています。

【②建材の耐久性を上げる】
部屋中に囲炉裏の暖気が充満することで
建材の水分を飛ばし腐食を防ぎます。

薪を燃やしたときに出る煙には
タールが含まれていますが
この成分が、梁や茅葺屋根に浸透し
防虫性や防水性を高めます。

囲炉裏を囲む際の注意点

囲炉裏

古民家を改装したカフェや民宿
居酒屋、観光地の古民家集落などには
今でも囲炉裏が
使われているところがあります。

暖を取りながら料理を食べ
おしゃべりをして楽しむなど
人々が集う場となっているのです。

囲炉裏

しかし、囲炉裏は
火が近くで燃えているのでいくつか
注意しなければならない点があります。

【①やけど】
かの有名な野口英世が小さい頃
囲炉裏で手を焼いてしまった話は有名です。
指と指がくっついてしまい
“てくのぼう”と呼ばれていました。
小さなお子様がいる際は
十分に気をつけましょう。

【排煙・換気】
火が燃えるときは酸素が必要です。
したがって、一酸化炭素中毒にならないよう
都度換気をしなければなりません。
煙による眼病や咳込みにも
注意しましょう。

囲炉裏

囲炉裏の役割と効果
そして現代には感じられない魅力
いかがでしたか?

今は日常的に囲炉裏を囲むことは
滅多にありませんが
コミュニケーションをとる大切な場であり
生活する上でも重要な場でした。

囲炉裏を囲む機会があったら
先人たちの想いを馳せて
ゆっくりと過ごしたいものですね。

BLOGブログ

会社概要

   

熊本の古民家再生・リフォーム会社つむぐ

熊本県熊本市北区弓削5-14-28
   

電話:096-321-6060

受付時間:9:00〜20:00

日・祝休み


【対応地域(熊本県内,主に熊本市周辺)】

熊本市・合志市・菊池市・菊陽町・大津町

御船町・嘉島町・益城町

※商圏高速使用で30分以内のエリア(要相談)