熊本の古民家再生・リフォーム会社つむぐ

古民家ライフスタイル-求める「贅沢」と豊かな生き方とは?

古民家で暮らすこと-

それは、日本人が昔から行ってきた暮らしを現代生活とミックスさせ
実践することで、本当の豊かさを見つけることかもしれません。

日々の喧騒から抜け出し、一本一本の「木」に底力を感じ、その可能性に息を飲む。
あなたが思い描く「古民家ライフ」とはどのようなものでしょうか?

匠の技と「木」のエネルギー

江戸時代からの歴史。
その時代の名工や職人による「匠の技」があり、素材の上手な使い方があり、
受け継がれてきた「想い」の深さがあって今に残されています。

住むというには合致しないものかも知れませんが
それ以上の存在感と木から感じる力強さ、底知れないエネルギー、歴史の重みが受け取れます。

日本独自の伝統を残した古民家を最新の技術で再生する。
古民家の風合いを保ち、先代の想いを受け継ぎながら、そして快適に過ごす。
「手を入れながら長きに渡り使う」というのは「建てては壊す」とは、また違う思考になります。

100年過ぎてからの魅力

古民家は、元来それに使われている素材が良く
そのままでも、形を変えても再利用することが可能な場合が多いです。

柱や梁には樹齢何百年というヒノキやケヤキが使われていたり
これらは100年を過ぎたころから強度が増し、再利用することで環境保全にも繋がります。

現在の建材には出せない「古材」だからこその風合いは
それそのものがデザインとしての魅力も持ち合わせています。

時を積み重ねてきたからこその美しさと暮らし。だからこそ引き込まれる魅力。
どんな最新のものよりも「本物の価値」とも捉えられる、
その「贅沢」が「本当の豊かさ」なのかもしれません。

ひとつひとつを慈しむ

ゆっくりと静かに刻まれる時間に身を委ね、四季折々の自然豊かな景観。
どっしりとした大黒柱と大きな梁に時代の流れを映し出し、囲炉裏を囲みながらの団欒と会話を楽しむ。

五右衛門風呂の湯は、とてもまろやかで体の芯から温めてくれます。
それは薪で焚く人への感謝の気持ちが一層心の温もりを持たせてくれます。

温かい家族と気心知れた友人、スローライフを実感し疲れを癒す。
他に何もない様で、求めていた空間はそこにはある。
そんなところが古民家で暮らす魅力の1つになっているのでしょうか。

全てを昔そのままに復元しよう、ということではありません。
現代の技術も取り入れつつ、その当時を慈しみながら想いを馳せる。

ご自身が心落ち着く、その瞬間をお手伝いできることが手前どもの喜びと誇りになります。

 

会社概要

   

熊本の古民家再生・リフォーム会社つむぐ

熊本県熊本市北区弓削5-14-28
   

電話:096-321-6060

受付時間:9:00〜20:00

日・祝休み


【対応地域(熊本県内,主に熊本市周辺)】

熊本市・合志市・菊池市・菊陽町・大津町

御船町・嘉島町・益城町

※商圏高速使用で30分以内のエリア(要相談)