熊本の古民家再生・リフォーム会社つむぐ

古民家のデザインと存在-日本人の心に残る「和」の感覚

縁側

日本古来の伝統工法で建てられた古民家。その趣や解放感を感じる間取りの仕方や四季を肌で感じる縁側。
スローライフといった言葉や楽しみ方、理想や希望などを叶えられるかもしれない期待感。

また、建築というもの自体が好きな方には、その伝統工法を実感しながら住みつつ
古風で粋な日本家屋を残すことが出来るのは、感慨深いものがあるかもしれませんね。

強度や資源保護

ポイントを絞って言うならば
築50年が経過していて、伝統的建造物の住宅(伝統構法)を「古民家」と言いますが
よくよく考えてみれば、当時の技術で築50年が経過しても今なおそこに在り続けている、
というのは、それだけでも大したものですね。

その間、日本であれば当然、神風=台風や地震といった災害は、幾つも経験しているはず。
それでも今なお在り続けている。
賛否や状況は、さておいたとしても大したものだ、というのは間違いないようですね。

使われてる木材も、それには充分と言える樹を使用していることで
100年以上が経過しても、さらに利用価値が高まることは、結果的に資源保護にもつながります。

税金関連の軽減・補助金

オンライン受験

住宅のリフォームという点において税金の軽減制度があります。
対象となる作業を行えば、国や市区町村の補助金制度が活用できます。

例えば、省エネ性能の向上、バリアフリー化工事、耐震改修リフォームが挙げられます。

自治体によって、地域の伝統文化、建築技術を保存し受け継ぐことを目的に
「古民家再生事業」に限定化した予算や制度を設けている地域もありますので
ご確認されると良いかと思います。

日本家屋デザインと季節、存在

田舎の生活

日本の住宅の伝統的デザインは、その大小を問わずにプライバシー保護、
自然光の取り入れ、雨風のしのぎ方、外の空気を感じることができるといったように
海外から見た場合でも関心される工夫が随所にあります。

洋風住宅に住みながらも、そのうち一部屋は畳のある箇所を確保していたりするものです。
それぐらい日本人であれば「和」というものに、ノスタルジーな感覚を覚えるのでしょう。

「引き戸」というものも日本家屋デザイン的発想からなるものでしょう。
すぐに内と外を解放することが出来て、縁側にて季節を感じ、隣人さんとも気軽に触れ合える。

先祖代々と受け継がれ見守ってきた古民家。

「家は末代まで」

そんな諺もあるように、古民家は代々住み継がれていき、想い出をつむいでいくような存在です。
悠久な日本の原風景と共にライフスタイルを過ごすのも悪くない人生と思います。

 

会社概要

   

熊本の古民家再生・リフォーム会社つむぐ

熊本県熊本市北区弓削5-14-28
   

電話:096-321-6060

受付時間:9:00〜20:00

日・祝休み


【対応地域(熊本県内,主に熊本市周辺)】

熊本市・合志市・菊池市・菊陽町・大津町

御船町・嘉島町・益城町

※商圏高速使用で30分以内のエリア(要相談)