熊本の古民家再生・リフォーム会社つむぐ

伝統技術の古民家、日本住文化の再生と実現

古民家再生

歴史を重ねた木材、培われた優れた貴重な技術、
使われている古い建具を再利用し魅力的に蘇らせる。

その家の価値は、当事者にしか分からない宝物であることも多くあります。
その価値を現代に蘇らせ、「夢の実現」といったら大げさかも知れませんが
それだけの希望と想いを込めて、その古民家再生へのお手伝いをします。

職人技が結集した古民家

古民家というと、新築を好む傾向にある日本人にはなじみにくい性質かも知れませんが
古民家には日本が誇るべき「職人技」の結集とも言える技術が詰まっており、
その古民家を再生するということは、新たな価値を創造することにつながります。

人が住む家は人が建てる、このごくごく当たり前の行いですが
その昔は、重機やトラックといった動力機械があったわけではありません。

それこそ、人の手によって、そして磨き抜かれた「職人技」を持ってして
建築されてきた住み家です。

まして当時は、「家は末代まで」と言われたように
親子孫に渡って住み続けることが前提として建築されています。
廃墟と解体ばかりでは悲しい現実と言わざるを得ません。

1300年続く伝統構法

建築大工の技術である「伝統構法」は1300年つづくものです。
これは「法隆寺」「白川郷」などの歴史的建造物にも使われた技術です。
現在はこの構法を用いたものは、どんどん少なくなっているのです。

木組みをして、金物を使わず木と木を、木の栓でつなぎます。
継手で梁と梁をつなぎ、石の上に柱を建てる石場建て、より深い軒(のき)に瓦屋根。

耐震に関しても目を見張るものがあり、大きな地震にも耐え抜いてきたからこそ
現存しているという事実。
100年経っても大丈夫、というイナバ物置さんもビックリ!かもしれません。。。

住み継がれる住文化を再生する

古民家再生

よりコストダウンして、より早く完成させる、といった現代建築と相反するように作られた古民家。
昔は、人の一生より家の一生の方が長かったわけです。

ただし、世代ごとにメンテナンスをし、当然ライフスタイルは変化していきます。
でも、そうやって住み継がれてきたのです。

親族の思い出、地域や原風景の趣、これらは大切に守り育みながら
現代生活に合った利便性や防寒対策、それらをより良くして住み継ぐ古民家。

古民家再生を通して住文化の新しいスタイル、古き良き日本の住文化を後世へと
それこそ住み継いでいきたいと考えます。

諦めきれない、そこにチャレンジしてみたい、一緒にご相談していきましょう。

 

会社概要

   

熊本の古民家再生・リフォーム会社つむぐ

熊本県熊本市北区弓削5-14-28
   

電話:096-321-6060

受付時間:9:00〜20:00

日・祝休み


【対応地域(熊本県内,主に熊本市周辺)】

熊本市・合志市・菊池市・菊陽町・大津町

御船町・嘉島町・益城町

※商圏高速使用で30分以内のエリア(要相談)